2010年2月26日金曜日

水中での告白は失敗率が高い

ここは海でもないのに喋る度に口から気泡がブクブク出てくる。
邪魔くさくて会話に集中できない。
そんな折、体育館の裏に女子から呼び出された。
「好きですっ、付き合ってくださいっっ」だってさ。
そりゃもう文句ないんだけど、
鼻からも口からもブクブク気泡が出ててさ、
なんか彼女も興奮してるみたいで
いつもよりもっと気泡が出ててさ、
そりゃドキドキして呼吸も速くなるよね。
そんなウブさもかわいいよね。
分かってるんだよ、でもさ、
すごい量の気泡が彼女の顏の前を上っていって、
真っ赤かどうかも分からない、というか
誰かも分からないんだから
もちろん答えはノーさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿