2011年5月8日日曜日

反対話法

「100円、拾いました」
の反対は
「100円、落としました」だろうか
それとも
「100円、拾いませんでした」だろうか

これは大きな違いだ
「落としました」なら「−100円」
「拾いませんでした」なら「変化なし」
2つには「100円」の差がある

例が「100円」だったから良かったものの
これが「1000000000000円(1兆円)」だったら
勘違いでは済まされない

ビジネスシーンでは
「〜の反対です」話法は
控えた方が良さそうだ

0 件のコメント:

コメントを投稿