2012年12月10日月曜日

Q.なぜ女神は微笑んでいるの?

A.それはね、僕たち人間が子猫を見て微笑むのと一緒だよ
   女神にとっての人間は、人間にとっての子猫、
   すなわち可愛くて愚かで知性の欠片もない生物ってことだよ

Q.「頭がガンガンする」と「ガンガン行こうぜ」のガンガンは同じガンガン?

A.違うガンガン

Q.なぜヒトは二足歩行になったの?

A.運動不足で体が固くなって
   両足を着いたまま両手を着けなくなったからだよ

Q.この前ちょっとヤバいことに巻き込まれちゃってピストルを突きつけられたんだけど、その時すごくドキドキしたんだけど、これって恋ですか?

A.そうだね、命に恋して命乞いだね

Q.鼻の下にある凹みは何?

A.エッチなことを考えると伸びる器官だよ

Q.なぜ太ってる人は目が細いの?

A.それはね、太ってる人は食べることに特化した人種だから
   味覚や消化器官が発達して
   代わりに視覚が退化したんだよ
   だから目が細いんだよ

Q.「七転び八起き」と言うけれど、転んで立ち上がってを繰り返しても「七転び七起き」にしかならないのでは?

A.寝転がった状態から数えれば「七転び八起き」になるよ

Q.人に疑う心がなくなったら、疑心暗鬼になると出てくる鬼は絶滅してしまうの?

A.そうだね、そういうことになるね
   誰も疑わずに生きていけるなら、こんな素晴らしいことはないよね
   でもその一方で「猜疑心によってのみ生まれる鬼の絶滅」という問題は避けられない
   一種の生物の絶滅という犠牲の上に成り立つ世界は
   果たして正しいと言えるのだろうか
   とは言え、疑心暗鬼を保護するとなると、人は人を疑って生きていくしかない
   さて、どうしたものか